中古でも高機能

固定電話

ビジネスフォンは高価で新品を導入しようとすると初期投資が大きくなりますが、中古ビジネスフォンでも充分に利用に耐えられます。また様々な機能の中古ビジネスフォンがありますから、利用シーンごとに上手に導入して費用を抑えることが出来ます。

詳しく見る

オフィスの効率化の為に

女性

事務所の規模が大きくなってくると子機のある家庭用電話機では対応出来なくなります。複数回線が使えるビジネスホンを導入するべきですが、ビジネスホンは高価なので初期投資を抑えるためにはリースを利用するのがよいでしょう。

詳しく見る

中古電話機を導入する利点

電話

ビジネスフォンは会社経営上必要不可欠なビジネスツールですが、新品での導入には相応のコストがかかります。コストを抑えるために中古ビジネスフォンを導入する場合には、その電話機の使用履歴を確認し、規模の大きい会社で使われてた電話機を購入するとはずれが少ないです。

詳しく見る

コスト削減に適している

固定電話

ビジネスホンのリースはメリットがたくさんあります。例えば依頼主や得意先からの連絡に対し、素早く対応できるという点、ひとつの回線で複数の電話機が使えるようになりコストを抑えることができるという点が代表的です。

詳しく見る

中古市場の魅力

電話

新しい物を購入して使いたいのは企業でも個人でも変わりません。特に新しい物を使えるのは働くモチベーションにもなると言えます。しかし、予算がないなどの理由がある場合には、中古市場に目を向けて中古ビジネスフォンを検討するのも方法です。

詳しく見る

ビジネスで電話を使うなら

女性

便利なうえに経済的

ビジネスで電話機を使用するときに、家庭用の電話回線ではなく、ビジネスホンを使うと便利で経済的です。また、ビジネスホンを導入するときも、一括で電話機やシステムを購入するのではなく、リースで契約すると初期費用を大きく抑えることができます。そのため、多くの企業や個人事業主に、リース契約でのビジネスホンが採用されています。ビジネスホンを使用できるようになると、1つの電話番号で、複数の電話機を使うことができます。そのため、話し中になることが少なく、顧客や取引先に迷惑をかけることがありません。ビジネスホンでは複数の電話機を導入する必要がありますが、リースで契約をすると、料金の支払いが分割払いになります。そのため、電話機の購入のために、大きな初期費用を用意する必要がなく、経済的負担が軽くなります。また、ビジネスホンをリースで契約すると、支払うリース料は、すべて損金扱いできます。そのため、支払う必要がある税金の額が少なくなるので、節税対策にもなります。また、分割払いで支払う料金は、毎月一定になります。そのため、会計上の計算も簡単です。ビジネスホンを導入するときには、リースの他にも、レンタルする方法もあります。しかし、レンタルでは電話機の機種を選べないことが多いのに対し、リースでは最新式の電話機を選ぶことができます。さらに、盗難や火災、落雷などの被害にあっても、リースなら契約内に保険が含まれていることが多いので、修理費を負担する必要がありません。これらの例のように、リースで契約すると、ビジネスホンを有利な条件で導入することができます。そのため、多くの法人や個人に人気があります。